Support Local Climbers !

かごしま国体を盛り上げよう!

  • HOME
  • かごしま国体を盛り上げよう!

GCC(グッドクライマーズクラブ)は、かごしま国体を盛り上げていきます!

GCC(グッドクライマーズクラブ)のご紹介

2020年は東京オリンピック開催の年ですが、かごしま国体の年でもあります。
地元のクライマーを様々な面でサポートし、この大会を成功させることはもちろんのこと、県外から訪れる選手そして関係者の方々にもクライミングを通して多くの感動を味わっていただきたい・・・・、そんな思いと共にGCC(グッドクライマーズクラブ)は2017年7月に発足しました。
GCCでは、キロニコオーナーの福岡彰は、鹿児島代表選手の強化対策委員長として、福岡彰の父・福岡茂は会長として、かごしま国体を盛り上げていきます。
随時、運営ボランティアスタッフを募集しています。興味をお持ちいただけましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください

<役員紹介>

会長

福岡 茂

1952年12月12日生まれの65歳。
クライミング歴15年。
鹿児島県勤労者山岳会所属運営委員(岩担当)
日本山岳協会C級審判員
主にリードクライミングを得意とし、金峰山、藺牟田千貫岩、比叡山のエリア。
登山では北アルプスで槍ヶ岳、剣岳など各地を登頂。

選手強化委員長

福岡 彰

1984年10月9日生まれの33歳。クライミング歴17年。
日本山岳協会公認ルートセッター。鹿児島県・山岳スポーツクライミング連盟 選手強化委員長。
金峰山 ARMS 四段+ 初登。高校2年の時に母と共に岩登り体験会でクライミングに出会い、その後はクライミングひとすじ。
プロクライマー小山田大氏と出会い、様々な面で大きな影響を受けました。

理事

沼田 洋輔

1976年4月30日生まれの42歳。
クライミング歴21年。
競技運営委員長・福岡彰とは13年来の付き合いの先輩。
大分の奥岳サンチャゴ、宮崎比叡のバットファーザー、金峰のアニマなど、数多くの4~3段の課題を登る。
過去に祝子ボルダー、比叡ボルダー水俣、鹿児島全般のエリアを主導し公開。